カメラを買い換えました


突然ですが、カメラを買い換えました。(笑)
2年使用したE-M1,E-M5ⅡからE-M1Xに買い換えました。
マイクロフォーサーズ機最高峰のE-M1Xはバッテリーグリップ付きで体格は大きいのですが
逆にホールディングしやすくて、高校生の娘でも扱いやすそうです。
実は野外でのE-M1Xでの初撮影は前記事の「寺坂棚田」です。
すべて手持ちで撮影しています。

寺坂棚田撮影の翌日、台風15号が各地で甚大な被害をもたらしました。
今回被害にあわれた方にはお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧を
心からお祈り致します。
台風が通過した後、上吉田地区の合角(かっかく)ダムを訪れました。
台風なんか来なかったんじゃないかと思うほど、静かでのどかな風景が広がっていました。
でも、よく見るとダム湖は濁っています。

台風一過の置き土産。
気温が上昇してまるで夏の暑さです。

激しく流れる濁流で台風が来たことを思い出します。
ボーっと眺めているとE-M1Xに搭載されているライブND機能を試してみたくなりました。
                        (ライブND機能の説明はこちら
上の写真はシャッタースピード1/50秒で手持ち撮影しました。

上の写真はライブND機能を使って0.6秒で手持ち撮影しました。
もっと遅いシャッタースピードで絹のような流れを撮りたいと思って
別の被写体を探していると、轟音を立てて堰から泥水が激しく流れ落ちていました。
下の写真は1/30秒で手持ち撮影。


流れを絹のようにするためにシャッタースピードを1秒、2秒と設定してライブNDで手持ち撮影してみました。
さすが手ぶれに強いオリンパス機です。1秒、2秒は難なくクリア。(笑)
もっと遅いシャッタースピードにするために絞り込んで(F22)シャッタースピード4秒で
ライブND(ND32で設定)で手持ち撮影してみました。

結果は…見事に絹の流れが表現できました。
一応、岩肌や橋の欄干を拡大してみましたが、ブレてません。
三脚を使わず手持ちのままシャッタースピード4秒で撮影できるなんて凄いです。
最近ではカメラマンのマナー問題で三脚禁止の場所が増えています。
この驚異的な手ぶれ補正機能は大きなアドバンテージですね。

今回もご覧いただき有難うございました。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 新しいカメラだと、更に写欲が湧きますよね(^^)/
    それにしても、手持ちで4秒がブレないのはすごいですね。

    ライブND流し撮り、花火とか便利そうです。

    それにしても、Pro機いいなぁ~

    • midobenさん、コメントありがとうございます。
      markⅡでも良かったのですが、たぶんすぐにXが欲しくなるのは
      目に見えてるんで(笑)思い切って買っちゃいました。
      m43最高峰で他に目移りはしないので飽きずに長く使えそうです。

コメント投稿する

*